病気のおはなし

痛風について

痛風発作 部位

 痛風発作はある日突然に始まります。足の親指のつけ根の関節などに起きやすく、耐えられないほどの痛みとともに、関節が大きく腫れあがります。

 痛風発作は、尿酸の結晶が関節に付着することが原因で起こってきます。特に急な尿酸値の変動があったときなどに、発作症状のように激しい痛みが出てくるのです。

治療(発作時)

 痛風の治療薬には、大きく分けて2つあります。「痛み止めの薬」「尿酸値を下げる薬」の二つが主に使われます。

 痛風発作が起こったときには、まず関節の炎症と痛みを和らげるために患部を冷やしたり、「痛み止め」を服用していただくことになります。なぜなら、発作が起こっているときには、尿酸値を急に下げるとかえって痛みが出ることがあるからです。

治療(発作がおさまってから)

 痛風発作の痛みがおさまったら、「尿酸値を下げる薬」の服用を始めます。しかし、尿酸値を急に下げると関節にたまっていた尿酸の結晶が一気に溶けて、また痛みが出ることがあります。ですから、「尿酸値を下げる薬」は少量から飲み始めて、徐々に投与量を増やしていきます。

 そして、尿酸値が6mg/dL以下を目標にして血液検査で確認しつつ治療を続けていくことになります。尿酸値が下がった状態を保つことで、関節などにたまっている尿酸の結晶が少しずつ減って、痛風発作の再発を防ぐことができるわけです。ですから、尿酸値が下がってからも薬は当面継続することが治療の基本となります。

高尿酸血症の合併症

 尿酸値が高い状態(高尿酸血症)は、痛みをもたらす痛風以外にも全身に影響を及ぼします。特に、メタボリック症候群と言われる生活習慣病を同時に発症することも多く、全身の動脈硬化にも関係してきます。

 ですから、高尿酸血症の治療と合わせて、脂質異常症や高血圧の治療も継続していくことが大切です。これによって、将来的な動脈硬化の進行を予防していくことが健康維持の目標になるわけです。

痛風発作 部位
初診受付サービス
電子カルテ開示
健康診断のお申込
訪問診療のお申込
問診票の記入
点滴療法・栄養解析・サプリメント
EPARK会員の方はこちら ネット受付可能

■月~水、金曜日
AM 9:00 ~ 12:00
(PM 1:00 ~ 3:30は在宅訪問診療)
PM 3:30 ~ 7:00
■土曜日
AM 9:00 ~ 12:00

●休診日:木曜・日曜・祝日

■住所
〒211-0066
川崎市中原区今井西町12-14
現在、駐車場のご用意はありません。ご了承ください。
ご案内図

■交通
「武蔵小杉」駅より徒歩15分
「武蔵中原」駅より徒歩15分

facebook
facebook
line
スマートフォン専用サイト
RSS Feed Widget